こんにちは☆Chiです!

今日はナイトワークを専業として仕事をしている女の子たちの辞めたいけど辞められない事情について書いて行こうと思います。

 

なぜこんな事を書くのっかて?

ナイトワークをしている人たちは辞めたい・・・と考えていても実は簡単に辞められない現状にあるからです。

 

辞められない理由には大きく3つあります。

 

辞められない理由

 職歴

ナイトワークをしている女の子たちのほとんどが専業で仕事をしています。

もちろん学生やOL、主婦をしながら兼業でやっている人もいますが、少数派のようです。

 

私は色々、夜の仕事をやりましたが、ずっと兼業でやっていたので、気にしたことはなかったんですけど専業で長い間やっているといざ就職するときに

 

空白の履歴書ができ上がります。

 

正確には職歴欄が空白になるんですが

もちろん、空白では面接の時に突っ込まれるので何かしらウソを書いたりするんですけど、空白時代が長ければ長いほどやっぱり就職をするときにはかなり不利になります。

 

まだまだネガティブイメージの強いナイトワークは昼職へ就職するとき、何の役にも立たないのです。

 

金銭感覚

ナイトワーク のお金事情の記事にも少し書きましたが

短期間で大金を稼ぐことができるナイトワークは生活水準が一気に上がってしまい金銭感覚が変わる人が多いです。

 

特に専業で仕事をしていると、付き合う人たちも同業種の人が多くなってくるので、一緒になって浪費してしまいます。

 

精神的にも肉体的にも負担の大きいナイトワークは、ストレスもたまりやすく

ついつい買い物やホスト、食事などに使ってしまう人が多いのです。

 

しかも本人はあまり自覚していないのでいざ元の生活に戻そうと思っても染み付いてしまった生活水準を下げるのは難しいものなのです。

 

生活習慣

ナイトワークというのは完全自由出勤のところが多いため、

自分の自由に出勤を組むことができます。今日は気分が乗らないから休もうとか、朝から働きたくないから昼から出勤とか、夜だけの出勤とか・・・

自分の都合で出勤形態を変えることができます。

そんな生活に慣れてしまっている女の子は

普通のお昼の仕事の勤務時間に慣れることが難しいのです

 

勤務時間9:00~17:00・月曜〜金曜・土日祝休みなんて一般の人にとっては当たり前の勤務形態も、夜働いている人にとっては当たり前ではないのです。

 

そんな3つの大きな理由から辞めようと思っても中々やめることができない人が多いというのがナイトワークの現状です。

 

こんなのはただ甘えているだけ!なんて厳しい事をいう人もいるかとは思いますが、実際このような理由で昼職をしたことのない、または続かない女の子はたくさんいるのです。

 

 

ですが、ナイトワークというのはやはり容姿だったり若さだったりを武器にしているので加齢と共に市場価値はどんどん下がり一生現役として働くことはまず不可能でしょう。

 

私も20代後半から年齢的にも体力的にも厳しいと感じるようになりました。やっぱりお客さんの見る目も20歳そこそこの女の子を見る目とは違ってきますからねw

 

ではナイトワークをしていた人はその後どのような人生を歩む人が多いのでしょうか?

 

  • 相手を見つけて結婚する
  • 普通の昼職に戻る
  • 副業をする
  • ナイトワークを生かして仕事をする(お店を持ったり、講習師になったり)
  • 出戻り

 

恐らく多くがこのパターンに当てはまるかと思います。

タイミングよく結婚できて専業主婦になれれば一番幸せですよね。

ですが結婚できる年齢も20代が一番多く、30代になると結婚できる割合はわずか数%にまで減ってしまうようです。

 

昼職に戻る人は兼業の人だったり何か資格を持つ人が多く、ナイトワーク 卒業後に専門学校へ通う人なども多いようです。

 

お店を持ったり講習師になれる人というのも現役時代に活躍できた人たちのほんの一握りと言われています。

 

つまりこんな理由から、昼職を一度は試みたが、中々うまく行かずに結局出戻ってしまう人が後を絶たないのが夜の世界の現場です。

ちなみに私が知っているお店も出戻り率がすごいですw

お店にとっては、もちろん利益となるので嬉しいことですが、結局辞められず負のループに陥ってしまう人が多いので、今現在ナイトワークをしている人にとって、将来への不安は切っても切れない問題の一つではないでしょうか?

 

出戻らないためには?

 

では出戻らないためにはどうしたらいいのか・・・

 

私は出戻らないためにアフィリエイトという道を選択しました。

次は私がなぜアフィリエイトを選んだのかを書いていこうと思います

 

続きを読んでくださる方は

こちらから↓

 

 

 

おすすめの記事