こんばんはChiです(*゚v゚*)

少しお久し振りのブログ更新となってしまいました(°□°)

 

今回は日頃の自分の人間関係について少し考えてみました^ ^

 

人間関係について

類は友を呼ぶ

とても有名なことわざで、私は小さな頃から

友達を誘う時にはよくこの言葉を使っていましたw

 

このことわざの意味は

気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。

という意味です。

 

ではこの言葉とよく似ている

つるみの法則

をご存知でしょうか?

 

 

つるみの法則

この言葉は、「つるむ」という所から来ていて、

人は居心地のよさを求める。

だから自分と似た境遇の人や、

同じ経済力をもつ人と「つるむ」ことが多い

というまさに「類は友を呼ぶ」を法則にしたようなものです。

 

この法則を知っていると

自分の付き合う人間関係がどんどん変わって行ったことにも納得できます。

 

実体験

私は高校を卒業してから、大学生生活を関西で始めるべく、1人暮らしを始めたのですがそこでアルバイトとして夜の世界へと飛び込見ました。

 

最初は大学の友達と遊んでいましたが、夜の世界の女の子は同じ境遇にある子も多くそして、金銭感覚なども似てくるため、徐々に夜の世界の女の子とばかり遊ぶようになりました。

 

生活レベルや同じ考え方が似ているもの同士の方が一緒にいて居心地がいいですもんね(*v*)

 

そして、夜の世界をやめようと思ったとき、途端に夜の世界の女の子と遊ぶのがつまらなくなったんです。

 

10年ほど一緒に遊んでいたのにですよ?w

 

不思議でしょうがないと思いましたが、これがつるみの法則なのだと最近になって実感しました。

 

そりゃ、夜の仕事と同じ金銭感覚では、到底昼のお仕事には戻れませんからね。やっぱり同じ収入の人同士が集まるようになっています。

 

ではここで質問TIME

 

 

あなたがよく行動をともにしている5人を思い浮かべてみてください

 

 

思い浮かべましたか?

 

それでは質問です。
・その人たちとは普段どのような話題の話をしますか?
・その話題はあなたの好きな事ですか?
・その人の年収はいくらですか?
・その人達といると居心地が良いですか?

 

 

ではさらに深い質問です。

①その方々の平均年収はあなたの年収に近いものがありませんか?
②その話題をしていると居心地が良くないですか?

 

この質問の答えはきっと

ほとんどの人が①②ともYESになると思います。

 

これが

つるみの法則です。

 

人は似た環境で似た者同士でいる方が居心地が良いので自然と周りには自分とよく似た人たちが集まっていくのです。

つまり仲の良い5人を見れば、あなたがどんな人かがわかります。

 

会社をいくつも経営しているような人と派遣社員とが一緒に遊んだりはしませんよね。

 

会社経営者は、経営者同士で遊びます。

 

もちろん夜の世界の人たちは夜の世界の人たちと遊ぶのです。

だってみんな心地よい人と一緒に居たいと思うじゃないですか!

 

そしてここからが本題

 

そんな心地の良い環境にあなたは満足できて居ますか?

 

満足できている人は今のままで十分幸せでしょう。

満足できて居ない人は、今が成長する時かもしれません。

 

 

私は今の環境にずっと満足できていませんでした。

 

仕事の愚痴ばかりこぼす同期

細かいところまで注意してくる上司

テレビばかり見ている夫

 

今の環境は私にとって成長出来る環境ではないなと思いました。

 

なので私は積極的に月1の勉強会にも参加するようにしています。

最初はかなり勇気がいりました。けどなりたい自分を想像したら

間違いなくその勉強会に行くことが近道だと感じました。

 

目指すものがあれば、人は変われます。私も勉強会で色々教えてくださる師匠達のようになりたいと思っています。

 

 

 

 

今は遊ぶことよりも、1日も早く副業で成功したい!という思いが強いので

遊びに誘われても基本断って、家でパソコン叩いています。

さみしいなあとか、休みの日も遊ばないなんてもったいないって言われる事もありますが

むしろ遊んでいる方が私からするともったいないと感じます。

今目の前に大金が落ちていてとして、それを見過ごしてしまっているようなものです。

それくらい今私が、毎日行う作業には価値があると思っています。

おすすめの記事